場の描画技法: 〈ファシグラ〉

ファシリテーターの思想
場の技法シリーズの8回目をお送りいたします。
今回は「描画」の技法の1つ、〈ファシグラ〉について記しました。

〈ファシグラ〉とは、ファシリテーショングラフィックの略称である。〈ファシグラ〉は、ファシリテーションのためになんらかを“かく”(文字や記号を書く(write)、絵やイラストを描く(draw)の両方を含む)技法である。ホワイトボードか模造紙を用いることが多いが、職場の複合機に入っているA4サイズのコピー用紙を使ったって別に構わない。

ファシリテーターは2つの視点を持つ。(1)個人の成長と集団の成熟、(2)成果を創出すること、この2つだ1。(1)の視点が強い場合、グラフィックできる権利と機会はその場の全員に与えられねばならない。自己を開くため、あるいは、相手を知るためにグラフィックは両者が同じ景色をみようとすることを助けてくれる。誰かのまだ言葉にならない言わんとすることを、別の誰かが言葉(あるいは図、あるいは絵)にすることでチームの〈関係の質〉(Quality of Relationships)2をメンテナンスすることにも寄与する。
〈ファシグラ〉では、ホワイトボードの前に全員が立つのもよいだろう。椅子に座ったままでも大きな机に模造紙を広げてどの方向からでも全員がグラフィックできるようにするのも手だ3
一方、(2)の視点では、あいにく〈ファシグラ〉の有用性は限定的である。グラフィックは、話し合いの成果として共有しづらく、また保存性が悪いし読み返しづらい。(あえて成果としてグラフィックが残せることがあるとすれば「あのとき盛り上がったなぁ」とか「こんな雰囲気だったなぁ」といった曖昧な印象くらいだ。)成果はグラフィックではなくテキストがよい。成果のためにグラフィックはテキストに直さねばならない。(ホワイトボードや模造紙に、その場の成果を記し、そのテキストで異存がないか確認するという〈ファシグラ〉の使い方はあるだろうが、それはもはやグラフィックとは呼びづらいし、プロジェクターに文書ソフトを投影しても、あまり効果は変わらない。)さらにその成果で決める理由もテキスト化されなければならない。その場の勢いだけでで決まったことは成果とは言えない。理由を残しておくことで、後になってなぜその成果でよしと全員が納得できたのかを確認することができる。そこには明確な論理が必要だ。

互いが何を見ておりそれを知り合うことで互いの関係をメンテナンスすると同時に自身のものの見方をとらえ直しチームとして成長を促す、こういった目的に則する技法を探しているのであれば『ファシグラ』の出番である。使いどころは多いだろう。一方で、成果をきちんと創出する必要がある場合は、(『ファシグラ』の助けも借りながらであるが)全員の決断を促すリーダーシップや環境づくりの方が、グラフィックよりも重要になる。

その他の場の描画技法
場の描画技法: 〈グラレコ〉
場の技法シリーズの9回目をお送りいたします。 今回は「描画」の技法の1つ、〈グラレコ〉について記しました。 〈グラレコ〉とは、グラフィックレコーディングの略称である。その場で話されている内容を、絵・イラスト・図・言葉などをグ...
場の描画技法: 〈グラファシ〉
場の技法シリーズの10回目をお送りいたします。 今回は「描画」の技法の1つ、〈グラファシ〉について記しました。 〈グラファシ〉とはグラフィックファシリテーションの略称である。〈ファシグラ〉と似ているが少し違う。〈ファシグラ〉...
場の描画技法: 〈グラレポ〉
場の技法シリーズの12回目をお送りいたします。 今回は「描画」の技法の1つ、〈グラレポ〉について記しました。 グラフィックレポーティングの略称である。何らかの情報を、字・記号・絵・イラスト・色彩などさまざまな表現を用いてレポ...

技法は、単体ではどんな場でも機能しない。状況を、「事前」と「今、ここ」の2回ある機会を活用することで適切に見極めて複数の技法を重ねる必要がある。
訓練を受けたファシリテーターを複数存在させることも有効だし、さらには参加者を巻き込んで技法選択を検討できるとなお良い。
各技法は、前後の技法の接着面を「場の設計技法」によって明文化することで初めて機能する。単体の技法のみの安易な導入は、場の失敗につながる。組織内の信頼関係を毀損しかねないばかりか、下手をすると一部の仲間に心の傷を負わせるリスクが発生してしまう。十分な善意と設計を熟慮してその場に臨むことがファシリテーターの義務であることを踏まえて、各種技法を活用して欲しい。

記:ワークショップ設計所 小寺
同じ著者の読みもの

付録

  1. ファシリテーターの持つ2つの視点については読みもの「ファシリテーターとは」で詳述した。
  2. 関係の質(Quality of Relationships):米国マサチューセッツ工科大学Center for Organizational Learning(現 SoL: Society for Organizational Learning)の設立者の1人ダニエル・キム(Daniel Kim)による理論「成功の補強エンジン(Reinforcing Engine of Success, 「成功循環モデル」とも)」の強化ループにおいて、1つ目に挙げられる要素が関係の質(Quality of Relationships)である。関係の質(Quality of Relationships)が高まれば思考の質(Quality of Thinking)が高まり、思考の質(Quality of Thinking)が高まれば行動の質(Quality of Actions)が高まり、行動の質(Quality of Actions)が高まれば結果の質(Quality of Results)が高まり、結果の質(Quality of Results)が高まれば関係の質(Quality of Relationships)が高まると説明する。これは、組織において、対処したはずのことが何度も再発したり別の領域で表面化したりするようなシステムに起因する問題に対処する際、還元主義的なアプローチから要素間の関係へのアプローチに変える必要があることを説明するためのものである。1990年にピーターセンゲ(Peter M. Senge)が『The Fifth Discipline』で提起した「学習する組織(Learning Organization)」やシステム思考(System Thinking)の領域で引き合いに出されることが多い。しかしながら、(おそらく前述した説明のための例であるという理由から)この理論は単純な紹介にとどまることが多く、関係の質(Quality of Relationships)の具体的な高め方にまで言及した論考や書籍とはなかなかお目にかかれない。そのため我々ワークショップ設計所のサービスでは、「関係の質(Quality of Relationships)の具体的な高め方」は重点を置いて扱うことにしている。
  3. 「ワールドカフェ」という手法では、途中、対話の際にこのような形式をとる。