場の技法

場の技法
ファシリテーターとは、ワークショップとは

場の技法: 注意がき

技法は、単体ではどんな場でも機能しない。状況を、「事前」と「今、ここ」の2回ある機会を活用することで適切に見極めて複数の技法を重ねる必要がある。
2019.09.19
ファシリテーターの思想

場の設計技法: 《タネ》

場の技法シリーズの初回をお送りいたします。 今回は「設計」の技法の1つ、《タネ》について記しました。 「ワークショップ終了直後の光景を事前に表現した文章」を、ワークショップ設計所では《タネ》と呼んでいる。 《タネ》は、ファ...
2020.05.18
ファシリテーターの思想

場の設計技法: 《ねらい》

場の技法シリーズの2回目をお送りいたします。 今回は「設計」の技法の1つ、《ねらい》について記しました。 ワークショップ設計の文脈において《ねらい》とは「参加者が、そのワークショップに参加する目的やモチベーションを表現した文...
2020.03.03
ファシリテーターの思想

場の導入技法: 『ハイファイブ』

場の技法シリーズの3回目をお送りいたします。 今回は「導入」の技法の1つ、『ハイファイブ』について記しました。 ハイタッチを英語でいえばハイファイブである。別に言葉遣いはどちらでもよい。ハイタッチかハイファイブかのどちらの言...
2020.01.09
ファシリテーターの思想

場の発散技法: 『ショートブレスト』

場の技法シリーズの4回目をお送りいたします。 今回は「発散」の技法の1つ、『ショートブレスト』について記しました。 ショートブレストは、短い時間で何らかのテーマでひたすらアイディアを出し続ける作業を指す。短い時間とは1分から...
2019.11.10