場の描画技法: 〈グラレポ〉

ファシリテーターの思想
場の技法シリーズの12回目をお送りいたします。
今回は「描画」の技法の1つ、〈グラレポ〉について記しました。

グラフィックレポーティングの略称である。何らかの情報を、字・記号・絵・イラスト・色彩などさまざまな表現を用いてレポートに仕立て直す技法である。出来栄えは〈グラレコ〉1に近いが、〈グラレコ〉は即興的に場を記録する技法であるのに対して、〈グラレポ〉は後になって描き手がグラフィカルにまとめたものである。

〈グラレポ〉は、〈グラレコ〉に比べて描き手の編集が作用する。描き手の内省が反映されたものになるのだ。比較対象である〈グラレコ〉について先に述べよう。〈グラレコ〉はTwitterに似ている。その瞬間の出来事を、瞬時に切り取って描かれていく。連なる時間の微分値のようなものだ。だから描き手がどれだけ注意していても、熟慮は相対的に後回しになる。一瞬一瞬では思考し判断をしているかもしれないが、〈グラレポ〉に比べれば即断が必要であるときが桁違いに多い。即断の多さは、ヒューリスティクスによる思考(システム1: 直感的処理)に頼らざるをえない技法であることを意味する2。描いたゲストの顔の表情はなぜその表情を選んだのか、なぜ下線を太く黄色で引いたのか、なぜ囲った色は濃い緑なのか、箇条書きのスペースが少なくそれ以上アイディアを挙げようとすると場所がないレイアウトにしたのはなぜなのか。即断を繰り返している限りにおいてその理由を明確にしながらはいちいち描くことはできない。(描き終わってから理由を後付けできることはできるかもしれないが、その後付けが、場によいであろう影響をもたらすと確信しているかは、理由が予め明文化できていない限り証明できない3。) 一方で、〈グラレポ〉は表現したいことの全体像がわかった上で、あとから表現し直す作業を伴う。そのとき起こった社会的相互作用の出発地と寄り道先と終点が、〈グラレポ〉を始める時点でわかっているのである。その場の熱気や高揚とも一旦距離をおいてからペンを握ることもできる。何を強調し、何を省き、何を伝えたいのか(あるいは何を伝えることが求められているのか)十分に熟考できる機会があたえられているのが〈グラレポ〉である。描き手が、自身の認知の枠組みや価値観と向き合う時間も十分にある。つまり〈グラレポ〉はデザインである。その描き手が熟達したデザイナーなのであれば、できあがる〈グラレポ〉には一定の信頼性が伴う。作家(author)としてその権威(authority)の用い方を熟知していることも期待できるだろう。

その他の場の描画技法
場の描画技法: 〈ファシグラ〉
場の技法シリーズの8回目をお送りいたします。 今回は「描画」の技法の1つ、〈ファシグラ〉について記しました。 〈ファシグラ〉とは、ファシリテーショングラフィックの略称である。〈ファシグラ〉は、ファシリテーションのためになんら...
場の描画技法: 〈グラレコ〉
場の技法シリーズの9回目をお送りいたします。 今回は「描画」の技法の1つ、〈グラレコ〉について記しました。 〈グラレコ〉とは、グラフィックレコーディングの略称である。その場で話されている内容を、絵・イラスト・図・言葉などをグ...
場の描画技法: 〈グラファシ〉
場の技法シリーズの10回目をお送りいたします。 今回は「描画」の技法の1つ、〈グラファシ〉について記しました。 〈グラファシ〉とはグラフィックファシリテーションの略称である。〈ファシグラ〉と似ているが少し違う。〈ファシグラ〉...

技法は、単体ではどんな場でも機能しない。状況を、「事前」と「今、ここ」の2回ある機会を活用することで適切に見極めて複数の技法を重ねる必要がある。
訓練を受けたファシリテーターを複数存在させることも有効だし、さらには参加者を巻き込んで技法選択を検討できるとなお良い。
各技法は、前後の技法の接着面を「場の設計技法」によって明文化することで初めて機能する。単体の技法のみの安易な導入は、場の失敗につながる。組織内の信頼関係を毀損しかねないばかりか、下手をすると一部の仲間に心の傷を負わせるリスクが発生してしまう。十分な善意と設計を熟慮してその場に臨むことがファシリテーターの義務であることを踏まえて、各種技法を活用して欲しい。

記:ワークショップ設計所 小寺
同じ著者の読みもの

  1. 〈グラレコ〉については、読みもの「場の描画技法: 〈グラレコ〉」で触れている。
  2. 詳しくは読みもの「処理流暢性をワークショップ設計で保留する」で説明している。
  3. もちろん描き手以外の主体もヒューリスティクスによる思考や言語化を伴って場は参加している。だから、描き手と参加者には十分なコミュニケーションが必要なのである。そのコミュニケーション手段は言語でも絵でもどちらでも構わないだろうが決して放棄してはならない。