経営を、ワークショップで強くする。

全員で力を合わせるためには、よい話しあいが欠かせません。
よい話しあいは、人のモチベーションと確かなアクションを引き出します。
よい話しあいができると、そのチームが好きになってきます。
よい話しあいを重ねていくことで、お互いの関係がメンテナンスされます。

リモートワークを併用する時代でこそ一人ひとりへの配慮と支援が必要です。
ワークショップをきちんと設計して、職場によい話しあいをたくさん生み出しましょう。
私たちがお手伝いします。

詳しく見る<準備中>

ワークショップ設計所 | 組織のつながり、再構築。

更新が最近あった読みもの

場の発散技法: 『ダイアログ』
ダイアログとは直訳すれば「対話」であるが、なかなかその意味にチームの共通理解をつくることが難しい。ダイアログの意味をつかめていないメンバーに対して「ダイアログをしてください」あるいは「対話をしてください」とただ発話しても、...
Web会議のファシリテーション
Web会議,オンライン会議,テレビ会議,リモート会議に臨むファシリテーターに求められる作法を7つまとめました。働き方改革が叫ばれるなかで,リモートワーク,リモートオフィス,サテライトオフィス等の各種経営改革のためのリーダー育成にお役立てください。
環境管理型権力の功罪とファシリテーションへの応用
これまでファシリテーターの中立性を起点に、アーキテクチャ(あるいは環境管理型権力)とナッジについてを述べてきました。 アーキテクチャ、環境管理型権力、ナッジといった考え方の問題や課題はなんでしょうか。私...

新しい読みもの

オンラインアイスブレイクゲームの手引き
物理的な距離は遠くあっても社会的な距離は近くありたいものです。この読みものでは、ファシリテーターのために、〝オンラインでのみ〟用いることができるアイスブレイクの手引きとゲームを4つ紹介します。あなたのアイスブレイクゲームが、善い参加空間をつくることを祈っています。
リアル会議にないオンライン会議〝独自〟の良さ32〈1~10〉
オンライン会議〝独特〟のメリット/良さを32個挙げたシリーズ3記事の内の1記事目です。ファシリテーションの参考に。会議ファシリテーターさんはもちろん、オンライン会議に参加する機会のある経営幹部、マネージャさんやビジネスマンにとっても、オンライン会議運用のヒントになるかと思います。
場の聴講技法: 『質問づくり』
場の技法シリーズの24回目をお送りいたします。 今回は「聴講」の技法の1つ、『質問づくり』について記しました。 パネルディスカッションや鼎談/対談、ゲストからの講話、グループ発表などが長時間に及ぶ場合でも、この技法『質問づく...
場の収束技法: 『二次元グラフ配置』
場の技法シリーズの23回目をお送りいたします。 今回は「収束」の技法の1つ、『二次元グラフ配置』について記しました。 出されたアイディアを横軸(X軸)と縦軸(Y軸)のあるグラフのどこに配置するかを議論することで、妥結点を模索...
幕間:2030年をおもう
(前回の読みものからの続きです。) 大小様々なインタビューやイベントなどで描かれた模造紙写真を頻繁に見かけるようになりました。グラレコの名を冠した市民講座や本格的なグラフィック講座も多くなったようです。デザインという切り口で見渡す...