創造性開発

「創造性開発」に関連する読みもの一覧です。

ファシリテーターの思想

場の発表技法: 『スキット』

場の技法シリーズの22回目をお送りいたします。 今回は「発表」の技法の1つ、『スキット』について記しました。 スキットとは短い演劇、寸劇を指す。 グループで話されたことを、他のグループと共有するために数分の簡単な劇にまとめ...
2019.10.11
ファシリテーターの思想

場の発表技法: 『SNS投稿案作り』

場の技法シリーズの21回目をお送りいたします。 今回は「発表」の技法の1つ、『SNS投稿案作り』について記しました。 もしかするとワークショップは模造紙や付箋ばかり使われがちでアナログなイメージが強いかもしれないが、場の設計...
2019.10.11
ファシリテーターの思想

場の発散技法: 『ダイアログ』

場の技法シリーズの14回目をお送りいたします。 今回は「発散」の技法の1つ、『ダイアログ』について記しました。 ダイアログとは直訳すれば「対話」であるが、なかなかその意味にチームの共通理解をつくることが難しい。ダイアログの意...
2019.10.11
ファシリテーターの思想

場の導入技法: 『背伸び』

場の技法シリーズの11回目をお送りいたします。 今回は「導入」の技法の1つ、『背伸び』について記しました。 全員で両手を思いっきり上へ伸ばす。それだけ。座ったままでもよい。立ち上がれる雰囲気があるのならばそれもよいが、無理に...
2019.09.19
ファシリテーターの思想

場の発散技法: 『ショートブレスト』

場の技法シリーズの4回目をお送りいたします。 今回は「発散」の技法の1つ、『ショートブレスト』について記しました。 ショートブレストは、短い時間で何らかのテーマでひたすらアイディアを出し続ける作業を指す。短い時間とは1分から...
2019.10.11
ファシリテーターとは、ワークショップとは

WorldCafe(ワールド・カフェ)の設計 〜実施レポートを交えて〜

「ワールド・カフェ」とは、無数にあるワークショップのいち形式です。 創始者はアニータ=ブラウンという女性と、コンサルタントをつとめる彼女のパートナーの男性。ふたりはこのワールド・カフェ形式について書を記し、日本では2004年にその翻訳...
2019.09.19
場とテクノロジー

(応答2) ファシリテーターがついにデジタル化!?

設計所より 極端にデータだけを示してくれるデジタル・ファシリテーターは、個人的に欲しいです。例えば、「頻出キーワードTOP30」「平均沈黙時間」「3秒以上の沈黙後の発話内容」「議論中の参加者の声量大小の過程」など、こういったデータが個...
2019.09.19
読みもの

(応答2) 論文「幼児に対する減塩を主眼とした食育指導の実践と質的評価による理解度の可視化」所感

設計所より 言葉にはどうも人を惹きつける魔力があるようで。 言葉にしないと伝わらないことはたくさんあるし、だれかに言葉で自分の考えを聴いてもらえて初めて自分自身の考え方のクセや他者から自分がどう映っているかに気がつくこともあるだろう...
2019.09.19