ファシリテーターとは、ワークショップとは

ファシリテーターとは、ワークショップとは

ワークショップデザインとワークショップ設計

はじめに ここでは“ワークショップ”という言葉の定義を細かく論じることはしません。 あえて“ワークショップ”を日本語に置きかえるならば「普段より参加している実感が大きい空間」と、ひとまずしておくことにします。 一方通行スタイルの講...
2019.09.19
ファシリテーターとは、ワークショップとは

ワークショップはどの業界で使う?

ワークショップはどの業界で使うの? ワークショップのお仕事をなさってるんですね。 どの業界なんですか? これは最近、とあるイベントで言葉をかわした女性から、私が実際にうけた質問です。...
2019.06.30
ファシリテーターとは、ワークショップとは

グラフィックレコーディングの真の目的(あるいはファシリテーショングラフィックの真の目的)1つ目:相互理解の促進

前回記事からの続きです。 伝え手と受け手の双方を助ける 話を描き記すことは、講演者の言わんとすることを聴衆が理解することを助け、同時に、聴衆に話が伝わっているかを講演者が知る手助けとなります。 講演者内容をわかりやすく描き記せば、...
2019.09.19
ファシリテーターとは、ワークショップとは

グラフィックレコーディングと呼ばれる技法(あるいはファシリテーショングラフィックと呼ばれる技法)について

はじめに:技法との出会い 先日、あるシンポジウムの基調講演で、講演者の伝えることに沿って、カラフルな文字とイラストが会場の左壁側面に書き記されていく仕組みに出会いました。 色彩豊かな表現が、その空間の雰囲気を和ませてくれるし、そ...
2019.09.19
ファシリテーターとは、ワークショップとは

ワークショップとは その3

前回記事「ワークショップとは その2」からの続きです。 ワークショップとは、AI共存時代において人間にしか生み出せない空間である ワークショップの技術は一部の分野に限定される専門知識だろうか。 ワークショップの参加経験や、ワークシ...
2018.11.22
ファシリテーターとは、ワークショップとは

ワークショップとは その2

前回記事「ワークショップとは その1」からの続きです。 ワークショップとは、メディアである ワークショップにおいて扱われる話題をコンテンツととらえると、それは写真や動画、書籍、文章という形式でも伝え得るものだ。 その意味で、ワーク...
2018.10.29
ファシリテーターとは、ワークショップとは

ワークショップとは その1

ワークショップとは……で書き出した場合、答えはかなりたくさんの選択肢がある。 市販の書籍から定義をひいてもいいし、ビジネス・まちづくり・アートなど分野ごとの文脈を説明するパターンでも多岐に書くことができる。 当ワークショップ設計...
2019.01.18
ファシリテーターとは、ワークショップとは

ワークショップの設計と進行ができると、何に役立つのか その2

前回記事からの続きです。 2.1on1ミーティングなどの場で役立つ 1on1ミーティングという言葉をよく聞くようになりました。 (1on1と聞くと、私は反射的にバスケットボールを思い浮かべてしまいます。最初に名前を付けた人はバスケ...
2019.07.28